WCS2018 世界26位構築(Day2 4-3) リザガエングロス

【構築】

ポケモン 道具 性格
リザードン メガY 臆病 熱風 ソラビ 追い風 守る
ガオガエン フィラ 陽気 フレドラ けたぐり 蜻蛉
カプ・コケコ デンキZ 臆病 10万 シャイン ボルチェン 守る
霊獣ランドロス スカーフ 臆病 大地 エッジ めざ氷 蜻蛉
メタグロス メガ 陽気 アイへ アムハン 冷P 守る
モロバレル ウタン 生意気 胞子 イカサマ 守る

 

参考:

www.emolgame.jp

基本的にはこのパーティがベースになります。

【構築経緯】

全国大会の結果を基に、バレルバンギ系統への対応が気になったのと、ガエンの叩きがいらないことに気づいた為

「ガエンの叩き→けたぐり」へと変更。

あいオフEBC予選ではこの形で挑んで3位になり、本戦権利を掴みました。

 

そして6,7月と関西勢による調整会を繰り返している中でいつまでたってもしらぬいのサナガエンに勝てないことに萎え始め、また、ゲンガーランド系統にさらに勝ちやすくする為にガエンの調整を陽気ASベースに変えました。(詳細は後述)

 

メリットとしては

①追い風中、自分のガエンが相手のスカーフランドを抜く

②追い風中かつこご風1回受けて相手の地面Zランドより先に動く

③通常下で相手のレヒレより早く動く(海外でS119以上のレヒレはそんなにいない)

が挙げられ、デメリットは耐久面ですが

①ランドの大地や威嚇無し地震を耐えるくらいの耐久は確保している

②耐久低すぎてきのみが発動しやすく、相手の集中で倒しに来るムーブが失敗する

等の側面があって、正直デメリットになってなかったです。

 

これにより「リザランドコケコガエン」の4体だけでかなりの相手に勝ちが保証できるようになりました。よく不利と呼ばれる相手にも

ゲンガーバンギ→ASガエンのけたぐりぶっ刺さり

マンダ→コケコの攻撃通り放題で数的優位取りやすい

と正直バレルサンダーグロスとやらされるよりメンタル的に楽でした。

 

この時点で確実に勝てないパーティは

・リザテテフロイド系統

・リザドラン、ガルドラン系統

・サンダーバレル系統

です。後はこれをメタるだけというのが8月でした。

 

とりあえずガルーラマリルリでは何も解決しないので最初に手を付けたのが

ムシャーナ@半分実 トリルショックお先サイチェン

剣舞地面Z意識で呑気HB(コケコの電気Z確定耐え確保)

カビゴン@半分実 恩返し地震太鼓守る

配分は有名な奴

でした。

これで新しい選出として「先発ガエンカビ後発コケコランドムシャから2体」というのが生まれました。

リザロイド(ドーブル入り含む)への刺さりっぷりは異常で、さらにゲンガーにはオーバーキル気味になりました。

正直カビゴンの強さよりムシャーナの強さが際立ってて、Day1終わるまではこれを使う予定でした。

 

ただドラン系統やバレルサンダー系統が本当に解決してるのかに疑問を感じ、ぶっつけ本番で次の2体を使うことにしました。

グロス@メガ 陽気AS アイへれいパンアムハン守る

バレル@ウタン 生意気 粉胞子イカサマ守る

バレルに関しては全てにおいてしらぬいから勝手にパクリました(一応本人知ってる)。

 

まずリザロイド系統に関してはマッチ戦であることを利用してロイドの持ち物を一戦目で割れば、後はそれに応じてランドグロスコケコガエンあたりを繰り出せば勝てます

ガルドランツルギ系統もツルギのS耐久持ち物を割ればコケコグロスorリザのどっちかで倒しに行くだけなので楽勝です。

これに加えてテテフグロスやサナもウタンバレルのおかげで勝てるようになり、Day2ではこれで2マッチ勝ちました。

ただ、リザドランだけは切る形になってしまい、最終ラウンドできっちり引いて死んでしまいました。

 

【配分等】

リザードン@メガY 臆病 156-0-44-52-4-252

熱風 ソラビ 追い風 守る

C:フレガ+CSメガゲンガーを確定2発を確保

S:サンダーやガルーラに上から技打たれて負けないように最速必須

B:A182ブルルの雪崩を最高乱数以外耐え

熱風:「ゲンガー+ピッピ」意識

ソラビ:トドンとラグ意識。避雷針+レヒレの組み合わせを引いた時にも役に立つ

追い風:相手のS操作に対抗する為に必須

守る:集中されやすい為必須

変更無しなので特に。他でトドンラグ見れるならオバヒでも良い

 

ガオガエン@フィラ 陽気 76-140--0-60-228

猫 フレドラ けたぐり 蜻蛉

H:4n

A:晴れフレドラでCSコケコ確1

B:陽気霊獣ランドの地震最高乱数以外耐え

D:霊獣ランドの控えめ大地耐え

S:追い風下でスカーフ最速ランド抜き+追い風中に風食らって最速ランド抜き

猫:リザランドスタートでリザ守るランド→ガエンに次のターン猫追い風が基本線の為

けたぐり:バンギに必須、さみしがりツンデこれで死ぬらしい

蜻蛉:ないのがバレるとヤバイ

リザのガエンはアタッカーなのでS上げ得です。

ヒレもランドもみんなこいつの前で突っ張ってきて死んでいきました。

 

カプ・コケコ@電気Z 臆病 4-0-0-252-0-252

10万 シャイン ボルチェン 守る

マジで何も変わってません。さかさダブル第1号

 

霊獣ランドロス@スカーフ 臆病4-0-0-252-0-25

大地 エッジ めざ氷 蜻蛉

こいつも前回と変わらず。さかさダブル第2号だけど対ゲンガーだけは考えてやらないとばり弱い技で固定する羽目になります

 

メタグロス@ナイト 陽気28-212-4-0-4-252

アイへ アムハン れいパン 守る

A:ツルギ落とせる乱数減っていくのでできるだけ欲しい

D:控えめランドの大地確定耐え

S:ツルギ意識のポケモンなので最速必須

アイへ:テテフに打つ

アムハン:ツルギとドランに打って判別(死んだら耐久無い)

れいパン:ランドに打つ。てかこの技入れないと採用理由半分なくなる

守る:ばり狙われる為必須

さかさダブル第3号。さかさダブル3銃士と言えばコケコランドグロスだよね

出す相手は構築経緯で書いた通り。ちなみにミロ入りにはランドガエン出さないので必然的に2メガ選出になります。

バレルにイカサマ入れてる関係でグロスに地団駄打ちたいことはまずなかったです。ゲンガーに打つことも殆ど無いし

 

モロバレル@ウタン 生意気 236-0-148-0-124-0

粉 胞子 イカサマ 守る

イカサマ:グロスとカビの為に入ってます

配分意図はKoji Morimoto選手が書くと思うんでそれ見てください。

出す相手や使用法は構築経緯で書いたのと後はカビゴンにも出す。出す相手的にバレルグロススタートが多くなる。

実はイカサマの部分はクリスモでしたが、Day2に凛さんいるのを思い出してイカサマにしました(当たりませんでした)。本番で打つことはありませんでしたが、必要だったと思います。

 

【選出】

①先発リザランド後発ガエンコケコ

1個目からこれいける時は適当やってりゃまあ負けない

熱風外れまくると流石にヤバイけど

②先発バレルグロス後発コケコガエン(ランド)

サンダーバレルグロスやサナガエンに出す選出。基本的にグロスを介護するイメージで

③先発コケコグロス後発ガエンランド

ガルドランツルギとかに。リザグロスで並べるのもあり

リザドランには多分コケコガエンスタートで行くべきだったと思います…

 

【その他感想】

3年ぶりの世界大会はDay2からだったので正直体力的にも楽でした。TAの待遇めちゃ良すぎてもうこれじゃないと世界大会行けないですね

大会に関しては当日朝にできたことを考えれば妥当な結果な気もするのですが、4-1まで来てたので流石に勝ちたかったですね…来年はかなり得意なGSルールになるのでまずは日本でTAとってちゃんとDay2から世界参戦できるようにがんばります。

VGC2018適当コメント(タイプ別)

役割としてのタイプ別に書きます。左の方が使用率高め

【ノーマル】ガルーラ>カビゴン
ポリ2はそのうち出てくると思う。流石に両立は厳しいが、ガルーラは猫持ち、カビゴンは強力なフィニッシャーとしてどちらかはパーティに入れておきたい。

【水】レヒレ>雨組>>トドン
かなり採用率が高い。レヒレはこご風採用は少なめで、瞑想混乱実が多め。

【炎】リザ>ドラン>ウルガ>ガエン
意外にズガドーンは見ない。現在メガ採用率はレヒレ殴れるのもあってリザがトップだと思う。

【電気】コケコ>サンダー>>ライボ
ガルやリザ構築での採用率がかなり高い上にほぼ電気Z持ち。

【草】ブルル>ツルギ>バレル>ナット
前2体はリザ構築だとまあまあ入っていることもあってケアしている人も多いが、バレルで死ぬ人が案外多い(自分も死んだ)。スカーフブルルにも要注意。

【氷】
それはクレセの仕事。

【格闘】ズキン
逆風過ぎて余りいない。カビゴン倒そうにもレヒレも大体同居してるので採用しない方が良い。
これもランドの仕事かな。

【岩】バンギ>ツンデ
テテフグロスバンギやクレセバンギの形である程度復権。一方初期に持て囃されていたツンデは4倍が響いて着実に減ってる気がする。

【地面】霊獣ランド
地面タイプか避雷針採用しないのポケモン舐めてそう

【飛行・浮遊】霊獣ランド>クレセ>サンダー>リザ>マンダ
浮いてるポケモンの採用は必須なので大体ここから選ばれるか。

【毒】アーゴヨン
こいつも少し減ってきたが、速いのもあって一定数は居続けるかなと思う。雨メタにはならない。

【虫】ウルガ
一応書いたけどウルガが虫技持ってないケースそこそこあるよね

エスパー】クレセ>テテフ=グロス=ゴチル
瞑想クレセ見ないですね。なおグロスを一番殺してるのは結局ガルド。

【ゴースト】ガルド
ゴーストZが一番多い印象。身代わりされないのマジ楽ですね。

【ドラゴン】アーゴヨン>サザン
とはいえどっちもドラゴン技打たないのでどっちかというと耐性重視。

【悪】バンギ>ズキン>ガエン>サザン
クレセに滅茶苦茶強く出れるので地味にあると便利なタイプ。使いやすいのはバンギとガエン。

【鋼】ドラン>ガルド>ツルギ>ツンデ>クチート>ナット
どれも地味に使いづらい。今作は必須じゃない感じある。

【フェアリー】レヒレ
地味に他のフェアリーはフェアリー技打たないよね。コケコが多少って感じ。

VGC2017の結論書けって言われたので

多分こんな感じの使ってたかなあって思います。

【面子】
コケコ@眼鏡 10万ボルチェンシャインボール
ウイン@混乱実 フレドラ神速毒守る
ガブ@地面Z 地震炎牙身代わり守る
カグヤ@混乱実 ヘビボン放射宿り木守る
ヒレ@混乱実 濁流ムンフォ霧守る
ハリテ@チョッキ 猫インファ毒づきエッジ

【適当解説】
・コケコ
いつも通り臆病CS。基本的にボルチェンで回して後半スイーパーになる。
ウインディ
Sは125以上。Aは154。残りhbdに振り分け。前回の構築と違ってバクア打つ意味ないのでポリ2カビに打てる毒に
・ガブ
身代わりするとマンダの地ならしで割れない(陽気AS)。後述のレヒレと合わせてやりたい放題に
・カグヤ
普通に相手のコケコダルいので慎重。一回能力上がるかフィールド切れたら普通に勝てる
・レヒレ
瞑想打つことなかったのでこれに。ついでにカビや弱保グロスが止まる、ハリテのインファダウンのケアで霧搭載
D補正で電気Z耐えにすることで初手でレヒレ動かしやすくしてます
相手のレヒレ抜かないと無意味なので最低S115以上
・ハリテ
ポリ2入りがキツイのでこの枠は格闘にする必要があり、瞬殺されにくくさからハリテに
エッジじゃないとクモを高速処理できないのでこのように

【選出】
vsマンダグロス
コケコガブレヒレカグヤ
vsGAKT-PG
コケコガブカグヤハリテ
vsFAKE-PG
コケコウインガブハリテ

基本的に相手のコケコをさっさと何とかすれば勝ちってパーティだと思います。

【JCS使用構築】FAKE-PG(D日程16-1,1703)

シーズン終わってるので適当に。

【使用構築】
カプ・コケコ@眼鏡 10万ボルチェンシャインエレキボール (CS臆病)
ウインディ@バンジ フレドラバクア神速守る (早めのレヒレにも抜かれないS130後はHAD)
カプレヒレ@ウイ 濁流ムンフォ瞑想守る (ほぼ同族に負けないS115、Bも少しだけ振って残りHC)
カミツルギ@スカーフ リフブレスマホ聖剣葉っぱ (HDよりだがAも多少有)
ポリゴン2@輝石 トリル10万冷ビ再生 (C143,エレキボール意識でS67)
ギガイアス@岩Z エッジ雪崩鈍い守る (最遅、テテフフィールドエスパーZ確定耐え)

【構築過程】
①トリル下でポリギガに対抗できる組み合わせ→存在しないと判断。
そこでミラーを取る為に鈍いギガイアスを採用。これにより天候なども考慮の必要は無くなる

②対ライド
ライド側がトリル対策を搭載していないわけなく、ライドテテフの並びでもテテフが挑発を持っていることを考慮
→レヒレを採用。ギガイアスが初手で行動しやすくなる。

これで残りで考慮したいのは
③対AFK
トゲデマルが入っている可能性を考慮してツルギでレヒレを見ることは確定。ロイドもヤバかったので調度良かった。相手のコケコがキツいのでスカーフも搭載。
相手のカミツルギ用でウインディを採用しつつ、バクアを入れることでレヒレウインディミラーでアドを取られないように、ポリ2のCも下げられるので地味に有り
トゲデマルでなくてペルシアンAFKだった場合、眼鏡ボルチェンコケコがいるとあからさまに有利であることに気づき、ポリ2カビゴンの処理もツルギギガイの2体しかできなかったのでエレキボール搭載で盤石に。

ヒレとウインはかなり技を受けて長生きしてもらう必要があったので、それぞれ混乱実に。レヒレに関しては火力も必要だったので瞑想型になっています。(そうしないとミラーで負ける)

【選出】
・対テテフライド
先発ポリ2ギガイ後発レヒレウイン
ボーナスステージ。JCSでは負けなし。

・対バルジーナ
先発ポリ2ギガイ後発レヒレウイン
ボーナスステージかと思ったら嘘無きで死んだ。

・対ドレコー
先発ツルギウイン後発レヒレギガイ
同じくボーナスステージ。眠り粉を全てフィールドかツルギが受ける有様で同じく負けなし。

・6体ミラー
先発コケコウイン後発ツルギレヒレ
初手ツルギはポリ2のCが上がりかねないので駄目。コケコのとりあえずボルチェンで威嚇回せること考えてもこれが一番安全。

トゲデマルAFK
先発レヒレウインディ後発コケコツルギ
他のAFKミラーにも言えるが、濁流をウインディが受けるのを恐れてツルギに引いたらフレドラで死んでるのがオチである。(というかこちらもウインディにフレドラ打つ)

・GAKT-PG
先発レヒレウイン後発ポリ2ギガ
相手にガブがいる場合はポリ2出さないとかなりヤバい。
コケコウイン先発だとずっとエレキフィールドなのでレヒレウイン先発で回しながらポリ2ギガイ中心で試合するのが無難。

・ロイドマッシスイッチ
先発コケコツルギ後発ギガイウイン
1戦目は勿論負けた。2回目から開き直ってコケコ方向にボルチェンリフブレ打ってました。

・雨
先発ツルギギガイ後発ウインレヒレ(あくまで一例)
ギガイいるのでコケコツルギ先発もかなりありえる為。雨にウインディは神速という面でも非常に有用であったが、日本チャンプはそれに気づいて女王の威厳を見せつけた模様。
恐らくバルドルパが相手の場合は先発ポリギガ後発ウインレヒレ


まあこういうの見てるとこの6体って今年のルールのCHALKやBIG6に相当するパーティだというのは間違ってないと思います。

VGC2017ランク(メタ設定用)

やり方はいつも通り。メタ設定を意識して使用率と強さ、またこれからどうなるかとかも考慮してます。

メタを貼る側に回る場合、基本的に見切れるのはトップ30体前後までです(だから今回は多過ぎ)。それ以上は流石に無理なんで仮に使用率低いけど強いポケモンだみたいな奴もランクにはいないことになります。

ドーブルやピッピ等は使われる構築が固定化されており、他のポケモンをメタろうとする時に自然にメタる事になるポケモンなのでランクには入れていません。

A(6)
カプテテフ ポリゴン2 ガラガラA カプコケコ ガブリアス テッカグヤ
B(7)
キュウコンA ベトベトンA カプブルル ギャラドス トリトドン ウィンディ ヤレユータン
C(12)
ウツロイド ライチュウA ゴルダック バンバドロ ニョロトノ コータス カビゴン カミツルギ ボーマンダ ヌメルゴン ジバコイル オニシズクモ
D(11)
ワルビアル メタグロス ハリテヤマ ジジーロン ミロカロス ミミッキュ ギガイアス フェローチェ ペリッパー プテラ イーブイ


正直Bランクまではこれで妥当だと思っており、BとCの間にかなり差があるかなと思っています。

デンジュモクは全く強さが感じられないのでDランクからすら外れることになりました。実際電気枠はカプコケコ、ライチュウジバコイルとそれぞれ大きな影響力を持つポケモンがライバルとして存在しており、どちらかと言うとやることが画一的なデンジュモクを採用するのはガラガラの採用率を考慮しても厳しいでしょう。

【ダブル】シンオウダービーランク付け

VGC2016はグラレックが全国優勝しました。シニアで優勝したワタッコに関しては忘れてた旨を記事投稿翌日ツイートしていたので勘弁して下さい(Cランク認定してました)
Liarさんのグラレックは個人的に評価しておりますが彼はグラゼルネを扱う事ができるプレイヤーでもありますので全国大会ではグラゼルネを使用するのではないかと思っており、さらに他のプレイヤーがあのグラレックを使いこなすのは困難であるという判断でグラレックを優勝候補から外していました。現在でも彼以外があのグラレックを使いこなすのは困難ではないかと判断しています(私も無理です諦めました)


ではシンオウダービーに話を移します。現在は雨(ニョロルンパ及びそれにグドラやカプトプスを足した形)が最も強いと判断されており次点で太鼓マリルリ軸の構築、クレセ絡みのスタン(スイッチ含む)が雨等への対抗策として検討されるのが大方の見方です。
さらに各構築に対して柔軟な動きが発揮できるサンダーとウインディがかなり幅を効かせており、ハッサムはルンパとクレセに圧倒的に強い事からサンダーとウインディに常に睨みを効かされつつも高い使用率を誇ります。
他のルールと比べても雨が流行っている事と合わせて非常に先制技が強力です。よく考えて構築を練りつつ、プレイングミスが許されないルールとなります。

A
マニューラ ウインディ サンダー ニョロ ルンパ ハッサム(A-)
対策必須。場を整えつつ圧倒的な縛り性能を発揮するので確実にマウントを取れる先発を用意しなければ相手のペースのまま試合を終わらされてしまうが、実はマウントを取ろうが最低限の仕事はする制限カード級のポケモン。なんでボルトとバンギいないの。
B
キングドラ マリルリ カビゴン メタグロス ライコウ カポエラー クレセリア エンテイ
Aランクよりは問答無用に仕事をするわけではないので差別化したが高採用率or非常に強いポケモンである。個人的注目ポケモンは雨への対抗策となるカビゴン

C
ドーブル トゲキッス バシャーモ ガブリアス カブトプス ゲンガー ユキノオー キュウコン
上位ポケモン・構築に対してのメタになれるポケモン+動きにくいがメタの関係もあって強いポケモン等が入った。このルールでドーブルを無視するのは絶対にダメです。

D
ロトム ドグロッグ トドン ココドラ サーナイト ケンタロス キノガッサ ドサイドン ライチュウ パチリス ムクホーク ラティオス ライボルト ポリゴン2 ポリゴンZ ラプラス
環境に存在する。ラティオスが低すぎではないかという意見があるが、A・Bの面子を見て同じことを言うならポケモン辞めたほうが良い(こいつが採用に値する理由はこのルールでははっきり言って1つしか存在しない)。水ロトムはルンパが多すぎて雨メタとして考えられるノオーに弱いのとタイプ被りが懸念。

【VGC2016】【ダブル】もうすぐ全国なので個体ランクでも

S
ゼルネアス ドーブル
遊戯王なら即禁止。使わない意味無し。

A
グラードン レックウザ ドータクン ボーマンダ(A-)
ゼルネに後から対抗できる3枚+小回り超優秀な1枚。遊戯王なら最低制限になる程度の汎用性がある。

B
ガルーラ メタモン ファイアロー スカーフカイオーガ トゲキッス(B-)
Aと比べると多少使いづらい場面が多くて問答無用の強さとは言えないもののここまでは約束されたパワーカード。

C
モロバレル ピクシー 化身ボルトロス クロバット ゲンガー クレセリア 猫フェイント組 ハッサム
構築を良くしつつ1st Tier以上の構築への対抗策となりえるコマ達なので採用の価値あり。できればここまでで構築を完成させたい。

D
ゲンシカイオーガ(D+) クチート ギルガルド スカーフWキュレム イベルタル エルフーン レパルダス ニャオニクス ゴチルゼル サンダー ヤミラミ
組みきれるならあり。これより下はファンデッキか使って勝った人が天才なだけ。


お前が使ってたディアルガナットレイと霊獣ランドがいないって?使ってたの正味賢者だったと思うわ…

ちなみに構築はグラゼルネ、レックゼルネ、スカーフオーガレック(ドーブル入り+ゼルネに対するメタが「しっかりしてる」もの限定)しか強いと思ってないです(わざわざ他を使うメリットあるのって感じ)…全国も優勝するのはこの3つのどれかかなと思ってます。よく言われるグラオーガの評価はグラキュレムより下な程度に圧倒的に低いです。(グラオーガ優勝したらごめんなさい)